Wimaxのセキュリティ面について

ロゴ
トップページ
<セキュリティを強化しましょう>
Wimaxのセキュリティ面について気になることがありませんか。 お部屋の中や外出先から簡単にインターネットを使うことが出来るのは非常に便利だと思いますが、頻繁にインターネットに接続していると情報が漏洩しているのではないかという不安もあるでしょう。 また有線LANと比べて無線LANはセキュリティ面がしっかりしていないイメージがあり、実際に無線LANに入り込んで使われたりするケースがあるようです。 しかしWimaxの場合はインターネットを利用する際に必ず認証しないと使うことが出来ないため、他人が勝手に利用するといったことは絶対に有り得ません。 そのため外出先から使用する場合であったり、マンションでインターネットを利用する場合でも第3者に使われることはないので安心です。 そしてWimaxでは安全にデータをやり取りする方法として暗号化技術があります。 この暗号化技術によって通信しているデータを第3者に分からないようにしています。 ちなみにインターネットの接続は無線LANの本体の端に書いてある文字列をパソコンの方へ入力することにより、インターネットに接続することが出来ます。 このようにインターネットに接続するにあたってセキュリティ面がしっかりしていると分かって頂いたと思いますが、特に気をつける事は知らないファイルを開いたり、危ないサイトを見ることによるウィルス感染です。 ウィルス感染は暗号化技術ではどうにもならないのでウィルス対策ソフトを入れてセキュリティを強化しましょう。

<使い方や利点が違うWimaxの機器>
WiMAXには三つの種類があります。 一つ目が無線LANです。 電源を入れると自動的に近くの電波を拾って、インターネットに接続できるか判断してくれます。 一つ持っていれば複数台の機械をネットにつなげるので、家族で共同使用している人も多いのではないでしょうか。 ネックは使う人が多いとバッテリー残量が気になってくる点です。 そんな時には二つ目のUSB型です。 パソコンの電源で動き無線LANよりもさらに小さなサイズなので荷物にならず、パソコンに差し込むだけで利用できます。 差込口のない機器や差し込んでいないパソコンは、どんなにUSBを差し込んだパソコンが近くにあってもネットが使えない仕組みになっています。 これら二つのWimax機器は傍に置いたり接続したりすることでネット環境を整えるものですが、これらの欠点は「機器そのものを家や会社に置き忘れてくると、手元にパソコンなどがあってもネットが使えない点」でしょう。 そんな心配を帳消しにしてくれるのが、Wimax内臓のパソコンです。 直接パソコンの中に機器が入っているので忘れてしまう心配はありませんし、パソコンの電源を入れれば自動的にインターネットに繋がる仕様です。 そのネット契約自体もパソコンのアプリケーションから簡単に出来るようになっています。 ただUSB型と同じようにこのパソコンがあっても、他のネットを使いたい機械で利用できるわけではないので、よくネット環境のない屋外にパソコンを持ち出す人には便利なアイテムでしょう。


Copyright(c) Wimaxのセキュリティ面について. All right reserved.